歯科治療で口内快適~イキイキデンタルライフ応援隊~

デンタル

口元の美と健康

歯科

歯は、物を砕いたり切ったりするために使われる部位ですが、同時に社会に向いているところでもあります。その二つの要素が、歯というものを作っています。機能的な存在として。見た目が重要な存在として。その、二つの要素が。歯医者にはいくつかの種類があって、ここで取り上げられるのは審美歯科や矯正歯科。彼らは、もちろん歯の機能といったところにも気をつけながら、歯の形や色を正常な状態、美しい状態に保つこと、もしそれらが失われたら元に戻すことを中心に、歯科治療を行っています。そして、審美歯科と矯正歯科で用いられる技術の最先端に位置しているのが、インビザラインという技術です。これは、歯の審美性を高め、機能を充実させるための矯正治療に使われています。どのあたりが「最先端」なのか、というと、治療を受けている人の負担の小ささにその特徴があります。これまでの矯正治療に比べて、インビザラインを使った矯正治療は、それを受ける人の負担がとても小さくて済むのです。その秘密はどこにあるのか?矯正のために使われる器具に、その最大の理由があります。それは、透明で目立たず、取り外しも可能なマウスピースなのです。

審美歯科、矯正歯科で行われるインビザライン。そこで使われるマウスピースは、アライナーという名で呼ばれます。インビザライン治療は、事前に行われたシミュレーションをもとに、いくつかのアライナーを時期に合わせて付け替えることで行われる矯正治療です。アライナーを装着する時間は、日に20時間以上。ひとつのアライナーで2週間、過ごすことになります。